スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツール・ド・国東スタート前

→ 2009 ツール ド 国東
05 /03 2009
ツール・ド・国東スタート地点にて

Aコース参加者からのスタートなので、いったん自転車をスタート位置に寝かせ、スタートラインの幕の前で記念撮影。これからのことよりも、参加の喜びで満面の笑顔なのです。

ツール・ド・国東スタート地点にて

同じく春名さんと。うーん、僕、太い。サイクリスト体型じゃないなあ。

ツール・ド・国東会場の様子

開会式前の会場の様子です。広い敷地に2900名が自慢のマシンを持って集結し、さながら自転車品評会の様相を呈していました。ホント素敵な自転車が目白押しで、田舎もんの僕なんか、あっちでチラチラ、こっちでジロジロしてしまいました。会場の中だけ見てると本当に不況なの?という感じです。うまい具合にANOレーシングさんも発見でき、光永さんにもご挨拶できました。


ツール・ド・国東Aコーススタート前

そしてスターティンググリッド。スタート-ゴールの総時間はトルソータグで個々に測ってもらえますが、足切はチェックポイントに何時何分までと固定です。ということは少しでも前からスタートするのが有利ですね。一応、自転車を寝かせて場所取りをしておいたのですが位置としては中盤から後ろの方になりました。

ツール・ド・国東Aコーススタート前

Aコースには1300名が参加ということでしたので、後ろにはまだこれだけの方がいらっしゃいます。ちなみにスタートの合図がなっても、スタートラインを超えて5m程度進むまでは自転車にも乗れず、全員が片足ケンケンで進んでました。

閑話休題
スタートの時に花火が打ち上げられたのですが、不発弾が落ちてきて選手の一人に直撃。ヘルメットに当たったように見えましたが、あの方、大丈夫だったんでしょうか。
関連記事

コメント

非公開コメント

お疲れ様でした。

会場では残念ながらお会いできませんでしたね。
スタート地点ではかなりお近くだったみたいです!
(花火の不発弾の落下地点の近くに居ました)
自分も完走することができましたが、腰痛との戦いで終始辛かったです(*_*)
でも楽しい一日を過ごせて良かったです!
あ、今度宜しければご一緒に走りに行きませんか!


マロンパパさん、お疲れ様でした!

お疲れ様です。腰痛がなければもっと楽しい大会だったでしょうねえ。この連休、ご自愛下さい。

> 今度宜しければご一緒に走りに行きませんか!
ありがとうございます。今回の大会で登りの足の弱さを自覚しましたので、もうちょい普通に100kmポタができるようになってから、ご一緒させて頂こうと思います。
そうそう。マロンパパさんのブログを読んで、津和野あたりいいなーなんて思ったんですよ。木戸山を抜けるのは怖いので、徳地から徳佐に抜ける道で試してみたいななんて考えています。

立石

山口県山口市住みの親父です。
 
先輩に引きずりこまれてロードバイク始めました。自転車の世界は右も左もわかりませんが左折くらいはなんとかできますw

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



人気ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】



TREview

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。