スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラン・ツ-ル・せとうち2014 1泊2日180kmコース?(2日目)

→ 2014 グランツールせとうち
04 /24 2014
ここ一週間は申請書作りなど、ずーっと書き物をやってました。いやーマジでちかれたびー。やっと休みが取れましたので、先週参加してきた万田発酵プレゼンツ グラン・ツ-ル・せとうち 2014の、2日目の様子を写真で振り返りたいと思います。



食後ですが…2日目の朝ごはん

目の前に食べ物があるとついがっついてしまい写真を撮り忘れるのですが、例によって2日目の朝ごはん、やっぱ撮り忘れました。みんなあんまり食べないんだけど、僕は朝から白米を2杯いっておきました。やっぱ白米は最高ですよね。しかも今日は100kmも走るんだし、腹にしっかり固形物を貯めておかないとね。

とその時、
先輩 「今日、雨降ってるよね」
立石 「ちょ、しぇんぱいリタイヤっすかー?w プゲラwww」
宮田 「あーちょっと寒いですよねー」
立石 「まーた宮田君ったらー。またまたーw」
春名 「んー。ちょいきついよね」

立石 「( Д ) ゚ ゚  エッ? メガ ポーン」

F通組みを見送る

まさかの春ちゃんで僕の心も折れましたw 今治は前に行ってるし、雨降る前に帰ろうってのもありかなーっと、1階の受付に下りまして180km→90kmにコースを変更。かっちょわるw
180kmは8時台のフェリーで出発することになっていましたので、F通のI藤さんとM田さんを玄関でお見送りして、頑張ってくださいと旅立つバスに手を振っておきました。なお、お二人は無事15時台にゴールされたとのこと。今治手前で雨に降られたとか伺いました。大変お疲れ様でございました。

大久野島のフェリー待ち場

で、90kmコースのフェリーは9時台に余裕の出発です。上の写真は大久野島のフェリー待ち場で撮ったものですが、やっぱ2日で90kmなんてーのは女子の参加者が多いわけでして、華やかなのですよ。そりゃあもう180kmコースの”おっさん”らとは違う、鼻腔をくすぐる香りが室内に立ちこめているわけで、春ちゃんにも宮田君にも笑顔が戻っておりますw

臨時のクロークに荷物を預ける

フェリーで大久野島から大三島に渡りまして、宿泊時に使った荷物を再び臨時のクロークに預けます。去年は大久野島まで自転車で渡り、宿泊所の前の庭にバイクラックがあったのですが、今年はフェリー乗船前に大三島で自転車を預け、荷物だけ持って大久野島に渡ったのでした。初日の駐車場の場所も変わりましたし、運営も少しずつ変化しているようです。それにしても女子の数w

90kmコースの最後尾からスタート

コース変更をして恥ずかしいおじさんたちは緑ゼッケン(90km)コースの最後尾に着きました。ちなみに我々はピンクゼッケンです。ピンクはイベントを知る人からは一目瞭然、1泊2日180kmコースなのです。「も、もう、恥ずかしいからのんびり行こうよ」とこの時は言っていたのですが、、、90kmコースの最後尾とか、下手したら立ちゴケしそうなスピードでして、こりゃ困ったなと。

多々羅大橋の真ん中でイエーイ

しかたがないので後ろからバシバシ抜いていくことにしました。僕ら飛べない豚ですが、それでも一応180kmくらい走っちゃうかもね?っていうロード乗りなので、鈍行列車組みながら、多々良大橋をトップ通過。
はい嘘です。誰もいないタイミングで写真撮りましたw 緑ゼッケンの方はこの時点ではまだ前にいらっしゃいます。

生口島のAS瀬戸田高校

ま、そんでもいい感じでAS瀬戸田高校に着きました。このあたりから黒ゼッケンの方が混じり始めました。日曜日にも当日70kmというイベントがあったようです。 それで、僕の去年の記憶によれば瀬戸田高校さんには地域興し部なんてーのがありましてね、今年も暖かい紅茶レモンを提供してくれました。ありがたいことです。そして若者の活動に感じ入ります。

お弁当は安心の瀬戸田給食センター

昼食は安心の瀬戸田給食センターさんのお弁当。ここのお弁当美味しいんですよ。僕、去年、大絶賛した覚えがありますもん。ただね、、、僕、朝、8時前に茶碗2杯の大盛り飯くってんの。で、この時点でまだ11時半くらいでして、これ入りませんって。マジで入りません。

みかんマンと記念撮影

お弁当をお腹に押し込んで、お茶は半分くらい残して、多分、地域興し部のみかんマン君をひっ捕まえて記念撮影をしてから、AS瀬戸田高校を出発しました。なお、瀬戸田高校さんでのおもてなしには大満足しております。いつもありがとう。

生口橋を渡る

生口橋を渡りまして、腹いっぱいだしそれほど疲れてもないので、AS万田発酵さんは飛ばしてそのままゴールしようという話になったのですが、ASに誘導をされました。ここはゼッケンチェックがあったんですね。止まって良かった。我々がとっとと出発するもんですから、見知らぬお嬢さんに「もう今治まで行って帰ってらしたんですか?」と聞かれました。
いや、ちゃんと説明しましたよw

列車に乗って楽チン走行

AS万田発酵を出てしばらくしたところで列車に乗っかりました。風の具合に応じて30km/h前後で上手に引っ張ってくれますので、おじさん達も安心。先頭を引くのはスタッフビブスを着けた妙齢の女性でして、お顔は拝見できませんでしたがきっと美人に違いありません。アテンドライダーを追い越してはいけないルールですので、彼女にはゴール付近までずっと引いてもらいましたw

ゴール!

そしてゴール!!! 写真はゴール後に反対側から撮ってますので、垂幕がSTARTになってますが、あくまでゴールです。誰も褒めてくれそうにはありませんが、 一応、両手ばなしで手を挙げて、見た目だけ格好良くゴールしておきました。きっと来年の宣伝には僕の写真が使われることでしょう。



180kmコースのトップと勘違いされた男w

さて、ゴールとなる向島運動公園の手前には最後の坂がありましてね、これを僕がヒーヒー言いながら登っておりましたら、ゴール会場から大きな歓声と、ひときわ大きなアナウンスが流れてまいりました。

アナ「あー! 今、180kmコースのトップの選手が戻ってまいりました!」


僕らコース変更してるしwww 僕らの中でトップでゴールした宮田君w 全力で否定したみたいですが結構くるよねー、これ。でもだれも怪我無く事故無く無事終わりました。楽しかったー。みんなお疲れ様でした。本当に色んなことに感謝。
スタッフの皆様もお疲れ様でした。また遊ばせてください。

全行程
time 5:32'31
dist 127.57km (募金貯金 1,275円 現在合計 37,146円)
ave 23.0km/h
max 61.8km/h
weight --.-kg
 

皆が写真を持ちよってくれたので何枚か変更しました(2014/04/26)

関連記事

コメント

非公開コメント

立石

山口県山口市住みの親父です。
 
先輩に引きずりこまれてロードバイク始めました。自転車の世界は右も左もわかりませんが左折くらいはなんとかできますw

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



人気ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】



TREview

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。