グラン・ツ-ル・せとうち2014に参加してきました(前泊編)

→ 2014 グランツールせとうち
04 /26 2014
4月19日~20日にかけて、万田発酵プレゼンツ グラン・ツ-ル・せとうち2014という自転車イベントに参加してきました。僕たちが参加したのは一泊二日の180kmコース。このコースは「大人の修学旅行」をキーワードに、広島県の尾道市から愛媛県の今治市を結ぶしまなみ海道を180kmほど走ろうというものです。

ロードバイク4台を先輩の車に積む

さて今日は前泊編ということで、時を遡ること2日、4月18日(金曜日)の午前11時まで時計の針を戻します。会社の駐車場に集まったのは、僕、しぇんぱい、春ちゃん、宮田君の4人です。『大人の修学旅行なら2泊3日でしょう!』というわけで、会社にはお休みを頂き、手際よくロードバイク4台をしぇんぱいの車に収めました。この車には最大5台を積んだことがありますから、4台程度であれば楽勝です。

佐波川PAで合流したI藤さんと懇親

13時に佐波川PAでF通のI藤さんと合流しました。今回はこの面子に当日参加のF通M田さんを加え、計6名での珍道中となります。写真は小谷SAで揚げタコかなにかをつついているところ。ちなみに僕としぇんぱいは昼飯の段階で既にビールを頂いてまして、春ちゃんも車中ではビールを散々やってましたから、流石、大人の修学旅行といったところ。皆へろへろです。

千光寺山荘に到着しました

車中でビールを1ダース消費したのでところどころ小休止が必要となりましたが、それでも17時には尾道に到着しました。今日のお宿は千光寺山荘さん。実は我々、昨年もグラン・ツ-ル・せとうちに参加してまして、こちら千光寺山荘さんは去年も使わせていただいております。なぜ今年も同じところをと申しますと、千光寺山荘さんは、なかなかにリーズナブルで、かつ尾道という街を楽しめるホテルなのです。

千光寺山荘から見た尾道市

まず、こちら千光寺山荘さんは尾道市内を見渡せる山の上の公園 千光寺公園のとなりに建ってますので、ご覧のように尾道の市内を一望できます。写真の真ん中、川のように見えるのは海で、対岸が明日、スタート地点になる向島となります。写真右上の茶色いビルが尾道駅あたりかな。自転車のイベントで尾道を訪れるのは3回目になりますから、ある程度、尾道の地理にも詳しくなってます。

時間も早いので取り合えずお風呂へ

宿についてからは早々にひとっ風呂浴びにいきました。金曜の昼間っから酒をくらい、まだ陽も高いうちからひとっ風呂浴びるというのが、ダメな大人っぽくて大変によろしい。これ、大人の修学旅行ならではですね。なお、昨年は大浴場内の写真を掲載しましたが、今年は他のお客さんがいらしたために撮影は遠慮しておきました。酔っ払いといえど、まだ多少の分別はあったようですw

尾道市は坂の多い町です

尾道は坂の街。千光寺山荘に泊まって良い事と言えば、この山の上から町に向けて降りていく小道を歩けることです。道を挟む左右の家々の雰囲気、タイル張りのような道、門の柵のデザイン、そこここに昭和レトロを感じさせるものがあります。また、お寺の山門が生活道路になっていたりと、坂に馴染みのない地に住んでおります者にとっては驚きと発見があり、楽しい散策ができるのです。

ベッチャーの胃袋

つーわけで今日の飲み会の場所、「ベッチャーの胃袋」さんに到着しました。このお店はしぇんぱいがネットで予約してくれたんだけど、かすかな記憶を辿ると去年の大会の時も、2次会か3次会でここに寄らせてもらってるんだよね。しぇんぱいはまったく覚えて無くて、たまたま今年予約したらしいです。あの時はラーメン食べて帰ったけど、今回は5,000円ぽっきりの飲み放題。いいお店ですよ。

ベッチャーってなんですか?

ちなみに「べっちゃーってなんなんすか?」とお店のお兄さんに尋ねたら、めっちゃ細かく説明してくれました。「えーっとですね、尾道にはベッチャー祭りというのがありまして…云々」 なんでも写真の鬼のお面はソバ、ベタ、ショーキーと呼ばれるらしく、この鬼や獅子に咬まれたり殴られたりすると、一年健康でいられるというお祭りのようです。なまはげ的な感じと推測。

万さんと笑う

いやー、よく飲んだ。よく笑った。地方イベントっていうのは、当然、地域経済の活性化を狙ってるんだろうし、こうやってまんまと策略に乗っかってあげて、散財することもイベント継続のためには大事だと思うんだよね。ま、お大臣ってやつです。

20140418_11.jpg

もう一件、飛び込みで入ってこの日は終了。帰ったのが何時かよく覚えてないや。取り合えず飲みすぎて、いびきと寝言が酷かったらしく、翌日全員に怒られましたw サーセン。



皆が写真を持ちよってくれたので何枚か変更しました(2014/04/26)
スポンサーサイト

グラン・ツ-ル・せとうち2014 1泊2日180kmコース(初日)

→ 2014 グランツールせとうち
04 /25 2014
4月19日~20日にかけて、万田発酵プレゼンツ グラン・ツ-ル・せとうち2014に参加してきました。更新が遅くなっちゃいましたが、初日の様子を写真で振り返りたいと思います。

集合場所の向島 三幸小学校

前日「大人の修学旅行」を地で行って尾道で飲みまくりましたが、朝の5:45にはビシッと起床。イベントの高揚感というのは流石ですなあ。今回、1泊2日組の駐車場となる向島 三幸小学校には7:30に到着しました。まだ人影もまばら。

臨時のクロークで荷物を預けます

今回はここ三幸小学校に車を置き、自転車を組み上げ、臨時のクロークに荷物を預けて、自転車でイベント会場の向島運動公園に向かうという手筈です。会場までは距離にして3km。「頑張ってくださーい」っていう可愛い女の子たちに見送られて出発。

向島運動公園に集合

イベント会場の向島運動公園に到着しました。参加チケットを渡してここでゼッケンをもらいます。今回の参加者は当日イベント含めて1,200名程度とのこと。会場にはステージが組んであったり、スポンサー企業のブースがあったり、いやが応にも気分が盛り上がってきます。

F通のM田さんとここで合流

夜を徹して会場に駆けつけたF通のM田さんとここで合流できました。前回、自転車練習や西京マラソンで顔合わせをしておりますが、非常に物腰の柔らかい方で、かつ常に2番手キープの非常にクレバーな走りをされる方です。多分、本気で走ったら我々チームで一番早いんじゃないかと思います。

小島よしお君も来てました

あ、そう言えば小島よしお君も来てましたよ。120kmコースに参加していた模様。「ネットから個人名で普通に参加しました。」なんて言ってステージから会場を沸かせていました。彼って自転車芸人なんだっけ? よく知らないや。ごめん。

スタート待ち

スタートはまず当日120kmコースの参加者から。僕ら1泊2日180kmコースはその次ね。大体、50人くらいの集団で5分間隔で出発。コース別に待機位置が分けられてたんだけど、前のコースの出発が終わるにつれF通のI藤さんが一歩一歩自転車を進めていく。
立石「I藤さん、出すぎw」
I藤「1番前で出発せんにゃー!」
すげー59歳だ。俺、59になった時にそんな気力残ってるかなあ。尊敬。

スタートライン先頭

そんなわけで、1泊2日180kmコースの先頭を確保。手前から、僕、春ちゃん、宮田君、I藤さん、しぇんぱい。ありえねーw ちなみにM田さんはここでも2列目を確保。クレバーすぎっすw

因島大橋

号砲一発スタート!I藤さんはアテンドライダーさんと4人くらいでかっ飛んで消えて行った。僕らも先頭から走り始めたのでそこそこのペースで、すぐに前の組の最後尾に追いつく。基本、アテンドライダーさんを抜いてはいけないルールなんだけど、我々のアテンドライダーさんは既にいないので自由だな。

橋への坂を登っていく

前の写真は因島大橋です。しまなみ海道は尾道・今治間に点在する島々結ぶ一連の橋の総称ですが、これらの橋は自転車(歩行や原付)でも渡れるように整備されており、島々には橋に上るための自転車道が用意されています。レンタルバイクも盛んなのでちょっと走ってみたいという方にもうってつけです。

因島大橋の中を走行

因島大橋では、しまなみ海道で唯一、橋の下を走れます。もうすっかり見慣れちゃったんだけど、初めて走るときは、この橋から見る景色は絶景なんですよ。本当に感動もの。

第1エイド 万田発酵さんに到着

程なく、第1エイドの万田発酵さんに到着しました。ちなみにグラン・ツ-ル・せとうちは万田発酵プレゼンツでして、万田発酵さんは冠スポンサー様なのです。去年もそうでした。他の大会でも駐車場を開放してエイドを作って頂いた経験があります。

万田発酵さん いつもありがとうございます

万田発酵さんは自転車イベントに非常に積極的に参加していらっしゃいます。自転車部の盛り上げも勿論ですが、社を挙げてイベントに協力してくださるのが本当に素晴らしく、ありがたく存じます。手延べそうめんもおいしゅうございました。

美容と健康に万田発酵(気持ちだけ宣伝入れておきます


万田発酵さんはサンフィレッチェ広島もスポンサード

万田発酵さんはサンフィレッチェ広島もスポンサードされてるんですね。ユニフォームの左肩にロゴが入っていました。最近のBSで流れている広告ではマンチェスターの香川選手を起用していらっしゃいますし、サッカーにも力を入れ始められたのでしょうか。

生口橋を渡ります

さて、「いってらっしゃーい」の言葉を背にAS万田発酵を出発し、生口橋を渡ります。実は当日の朝知ったのですが、この日の行程はわずか75km。スタートが9時くらいでしたから、そんな急がなくても14時にはゴールしちゃいます。そんんなわけで、ここからペースダウン。ゆっくり行きます。

実に天気が宜しい

それにしても初日はいい天気でした。前の週の週間予報では金土日とも降水確率50%程度でしたから、晴天など望むべくもないところだったのですが、どこかに凄い晴れ男がいたのでしょう。ぷらぷら走るには本当に良い天気でした。僕も春ちゃんも半袖半ズボンですよ。

多々羅大橋

多々羅大橋手前の風景の良い場所に来ました。ここは毎回の撮影ポイント。写真を撮ってのんびりしておりますと、広島大学サイクリング部のお兄ちゃんたちが到着しました。写真を撮ったりして交流。彼ら若くて、元気が良く、気持ち良い。彼らは小島よしお君のブログでも紹介されてます。

第2エイド 多々羅しまなみ公園

多々羅大橋を渡ればそこは第2エイド。多々羅しまなみ公園に到着です。11:30と早いですがここでお昼。写真を撮る前に手をつけてしまいましたが、今年は海苔弁風のお弁当でした。鯛めしとかタコ飯じゃないのね。いや、美味しかったからいいんだけど。

大三島をぐるっと一周

飯を食い終わったら大三島の外周をぐるっと一周。大三島は一番先っぽの宗方のあたりの坂がきつくって、昔、ハングノック寸前にも関わらず伯方の塩のみというASサービスに苦しめられた経験があるので僕にとっては鬼門だったんだけど、今回は割りと楽勝でした。練習の甲斐があるね。

下りが気持ちいい

上れば下る。気持ちいー。

第3エイド 宮浦港

第3エイドの宮浦港に到着。この時点で多分13:00くらい。あと15kmも走ったら今日の工程が終わってしまうので、ただひたすらだらだらと休みました。このASのお薦めはレモンジェラートだったかな。美味しかったです。

今日のゴールへ向けて

残りも少ないし、いっちょスパートかけるかーと妙にテンションの上がった人たち。左手に見えるのは宮田君。道を間違えていますw 「いえ。こっちが自転車道ですから。」冷静ですw

フェリーで大久野島へ

というわけで、今日泊まる大久野島へ渡るフェリーへ乗船。まさか14時の便があるとは思いませんでした。去年が15時の便からだったんで今年もそうなのかなーと漠然と考えていました。というかうちのチーム、誰一人資料を読み込んでないというwww

フェリーに遅れるしぇんぱいw

疲れきって集団から千切れていたしぇんぱいもなんとかフェリーに間に合いました。僕らがバイクを止めて、船に歩いて向かう途中で、やっと道に姿を現したしぇんぱいに「頑張れば間に合うよwww」と伝えると、そっからすっげーダッシュしてたもんね。フェリーに乗るときも走ってるし、余力あるなら先に使えってーのw

全員無事に大久野島へ

しぇんぱいが駆け込むと同時にランプウェイが巻き上げられました。兎にも角にもチーム全員同じ便で今日の宿がある大久野島に向かうことができたわけです。運営の優しさに感謝。

大久野島はウサギがいっぱい

大久野島には野うさぎがいっぱいいます。小学校で飼ってたウサギ6匹を野に放った結果、自然繁殖したとか諸説あるようですが、今やすっかり人間になついてしまって、餌をもらえるんじゃないかと後ろ足立ちしたりするんです。非常に可愛いです。

大久野島を散歩で一周

15時にはひとっ風呂浴び、自販で買ってきたビール500mlを1本開けてました。ただ、本格的な宴会の始まる18時までにはまだ随分時間がありましたので、大久野島1周3kmの散歩に出かけました。うさぎ可愛い、桜綺麗、坂ちょっときつい。17:45頃にホテルに戻りまして丁度良い塩梅でした。

夜はバイキングとフリードリンク

夜はバイキングとフリードリンクです。慌てて沢山取らなくても、食べ物はどんどん補充されますから、本当に食べたいものをちょっとずつ取るのがミソです。大人でしょ。ふっふっふ。これは去年学びましたw お酒も3時間飲み放題です。何度も取りにいくのが面倒なんで終わり頃は「焼酎ロックトリプルで」なんて飲んでました。

そしてイベント

19:30頃からイベントに参加。今年は雨の心配もあったのでしょうがホテル内に小ぶりなステージが用意されていました。抽選会のメイン景品はピストバイク? まー、うちのチームはだれも何も当たりませんでしたから関係ありませんでしたが、唯一、風船割りゲームにF通のI藤さんが参加できました。

西名みずほさんは安定の可愛らしさ

去年に続き今年の司会も、広島テレビの西名みずほアナ。安定の可愛らしさですなあ。F通のI藤さんはイベント後に、みずほアナと握手したそうで自慢してました。流石エロマンです。明日もあるので我々チームは9時前に撤収。


閑話休題。10時頃に喫煙ルームに下りたとこでイオンバイクのお兄さんとお話しができました。去年も参加されたそうなので「去年、前輪を借りた人覚えてますか?」と聞いたところ「あ、覚えてますー」と。「それ、僕の先輩です。今年も来てます。」と伝えておきました。
一期一会。されど今年も良い出会いがいっぱいです。



皆が写真を持ちよってくれたので何枚か変更しました(2014/04/26)
 

グラン・ツ-ル・せとうち2014 1泊2日180kmコース?(2日目)

→ 2014 グランツールせとうち
04 /24 2014
ここ一週間は申請書作りなど、ずーっと書き物をやってました。いやーマジでちかれたびー。やっと休みが取れましたので、先週参加してきた万田発酵プレゼンツ グラン・ツ-ル・せとうち 2014の、2日目の様子を写真で振り返りたいと思います。



食後ですが…2日目の朝ごはん

目の前に食べ物があるとついがっついてしまい写真を撮り忘れるのですが、例によって2日目の朝ごはん、やっぱ撮り忘れました。みんなあんまり食べないんだけど、僕は朝から白米を2杯いっておきました。やっぱ白米は最高ですよね。しかも今日は100kmも走るんだし、腹にしっかり固形物を貯めておかないとね。

とその時、
先輩 「今日、雨降ってるよね」
立石 「ちょ、しぇんぱいリタイヤっすかー?w プゲラwww」
宮田 「あーちょっと寒いですよねー」
立石 「まーた宮田君ったらー。またまたーw」
春名 「んー。ちょいきついよね」

立石 「( Д ) ゚ ゚  エッ? メガ ポーン」

F通組みを見送る

まさかの春ちゃんで僕の心も折れましたw 今治は前に行ってるし、雨降る前に帰ろうってのもありかなーっと、1階の受付に下りまして180km→90kmにコースを変更。かっちょわるw
180kmは8時台のフェリーで出発することになっていましたので、F通のI藤さんとM田さんを玄関でお見送りして、頑張ってくださいと旅立つバスに手を振っておきました。なお、お二人は無事15時台にゴールされたとのこと。今治手前で雨に降られたとか伺いました。大変お疲れ様でございました。

大久野島のフェリー待ち場

で、90kmコースのフェリーは9時台に余裕の出発です。上の写真は大久野島のフェリー待ち場で撮ったものですが、やっぱ2日で90kmなんてーのは女子の参加者が多いわけでして、華やかなのですよ。そりゃあもう180kmコースの”おっさん”らとは違う、鼻腔をくすぐる香りが室内に立ちこめているわけで、春ちゃんにも宮田君にも笑顔が戻っておりますw

臨時のクロークに荷物を預ける

フェリーで大久野島から大三島に渡りまして、宿泊時に使った荷物を再び臨時のクロークに預けます。去年は大久野島まで自転車で渡り、宿泊所の前の庭にバイクラックがあったのですが、今年はフェリー乗船前に大三島で自転車を預け、荷物だけ持って大久野島に渡ったのでした。初日の駐車場の場所も変わりましたし、運営も少しずつ変化しているようです。それにしても女子の数w

90kmコースの最後尾からスタート

コース変更をして恥ずかしいおじさんたちは緑ゼッケン(90km)コースの最後尾に着きました。ちなみに我々はピンクゼッケンです。ピンクはイベントを知る人からは一目瞭然、1泊2日180kmコースなのです。「も、もう、恥ずかしいからのんびり行こうよ」とこの時は言っていたのですが、、、90kmコースの最後尾とか、下手したら立ちゴケしそうなスピードでして、こりゃ困ったなと。

多々羅大橋の真ん中でイエーイ

しかたがないので後ろからバシバシ抜いていくことにしました。僕ら飛べない豚ですが、それでも一応180kmくらい走っちゃうかもね?っていうロード乗りなので、鈍行列車組みながら、多々良大橋をトップ通過。
はい嘘です。誰もいないタイミングで写真撮りましたw 緑ゼッケンの方はこの時点ではまだ前にいらっしゃいます。

生口島のAS瀬戸田高校

ま、そんでもいい感じでAS瀬戸田高校に着きました。このあたりから黒ゼッケンの方が混じり始めました。日曜日にも当日70kmというイベントがあったようです。 それで、僕の去年の記憶によれば瀬戸田高校さんには地域興し部なんてーのがありましてね、今年も暖かい紅茶レモンを提供してくれました。ありがたいことです。そして若者の活動に感じ入ります。

お弁当は安心の瀬戸田給食センター

昼食は安心の瀬戸田給食センターさんのお弁当。ここのお弁当美味しいんですよ。僕、去年、大絶賛した覚えがありますもん。ただね、、、僕、朝、8時前に茶碗2杯の大盛り飯くってんの。で、この時点でまだ11時半くらいでして、これ入りませんって。マジで入りません。

みかんマンと記念撮影

お弁当をお腹に押し込んで、お茶は半分くらい残して、多分、地域興し部のみかんマン君をひっ捕まえて記念撮影をしてから、AS瀬戸田高校を出発しました。なお、瀬戸田高校さんでのおもてなしには大満足しております。いつもありがとう。

生口橋を渡る

生口橋を渡りまして、腹いっぱいだしそれほど疲れてもないので、AS万田発酵さんは飛ばしてそのままゴールしようという話になったのですが、ASに誘導をされました。ここはゼッケンチェックがあったんですね。止まって良かった。我々がとっとと出発するもんですから、見知らぬお嬢さんに「もう今治まで行って帰ってらしたんですか?」と聞かれました。
いや、ちゃんと説明しましたよw

列車に乗って楽チン走行

AS万田発酵を出てしばらくしたところで列車に乗っかりました。風の具合に応じて30km/h前後で上手に引っ張ってくれますので、おじさん達も安心。先頭を引くのはスタッフビブスを着けた妙齢の女性でして、お顔は拝見できませんでしたがきっと美人に違いありません。アテンドライダーを追い越してはいけないルールですので、彼女にはゴール付近までずっと引いてもらいましたw

ゴール!

そしてゴール!!! 写真はゴール後に反対側から撮ってますので、垂幕がSTARTになってますが、あくまでゴールです。誰も褒めてくれそうにはありませんが、 一応、両手ばなしで手を挙げて、見た目だけ格好良くゴールしておきました。きっと来年の宣伝には僕の写真が使われることでしょう。



180kmコースのトップと勘違いされた男w

さて、ゴールとなる向島運動公園の手前には最後の坂がありましてね、これを僕がヒーヒー言いながら登っておりましたら、ゴール会場から大きな歓声と、ひときわ大きなアナウンスが流れてまいりました。

アナ「あー! 今、180kmコースのトップの選手が戻ってまいりました!」


僕らコース変更してるしwww 僕らの中でトップでゴールした宮田君w 全力で否定したみたいですが結構くるよねー、これ。でもだれも怪我無く事故無く無事終わりました。楽しかったー。みんなお疲れ様でした。本当に色んなことに感謝。
スタッフの皆様もお疲れ様でした。また遊ばせてください。

全行程
time 5:32'31
dist 127.57km (募金貯金 1,275円 現在合計 37,146円)
ave 23.0km/h
max 61.8km/h
weight --.-kg
 

皆が写真を持ちよってくれたので何枚か変更しました(2014/04/26)

捲土重来、馬越帝介立つ!

自転車以外の日誌
04 /22 2014
馬越帝介 個人演説会

僕の先輩である馬越帝介君が、この度、志を持って市議に立候補することとなりました。先輩は商工会でも活躍しており地域経済に目が向いてますし、まちづくりや青少年の育成事業にも積極的に参加し、山口市の活性化に、時間をかけて、本気で取り組んできたことを僕は知っています。なので是非、応援してあげたい。

今夕、大歳地域交流センターで個人演説会をやるというので激励に行ってきました。本人は大いに緊張しているのですが、周りのムードは終始和やかでした。後輩や同級生からの応援演説は笑いの絶えないものでしたし、馬越先輩の演説自体も良かった。顔は怖いけど人柄ですね。

市議選はこの日曜日、27日です。みなさん投票に行きましょう。そして、山口の活性化に人生を賭ける、この不器用な馬越帝介君を男にしてやって下さい。

グラン・ツ-ル・せとうち2014に向けて走行練習

ポタリング
04 /13 2014
大道ローソンに集合

来週の19~20日にかけて、グラン・ツ-ル・せとうち2014 180コースに参加してくる予定です。ここ最近、自転車から遠ざかっていたものですから、足慣らしのためにチーム練習をしてきました。今日の参加者は左から僕、しぇんぱい、F通のM田さん、宮田君、F通のI藤さんの5人です。I藤さん、お年のわりに派手な装いですなw

防府新大橋

集合場所の大道ローソンを出発して、防府新大橋を渡ります。F通チームは快走。特にI藤さんは軽めのギアをクルクルと回してケイデンスを保った走行をされます。マラソンで鍛えた健脚は流石です。

防府新大橋

一方、湯田温泉チーム。すでに遅れておりますw

佐波川自転車道

防府新大橋を渡りきったところから左に入り、車の少ない佐波川沿いを登って、佐波川自転車道に入りました。

防府サイクリングターミナル

防府サイクリングターミナルで一旦休憩。ここまで13kmくらいでしょうか。

米粉パンのお店

佐波川自転車道を更に上って米粉パンのお店で休憩。小腹が空いたのでパンを2つ頂きました。

もうすぐ徳地

往路で既にお疲れ気味の湯田温泉チームのサポートに回ります。もうすぐ徳地に到着です。

徳地で焼き鳥w

徳地ではたこ焼きと焼き鳥をいっときましたw 腹いっぱいです。大満足。
しかし練習になったのでしょうか・・・

time 2:47'47
dist 62.11km (募金貯金 621円 現在合計 35,871円)
ave 22.6km/h
max 40.7km/h
weight 57.0kg


立石

山口県山口市住みの親父です。
 
先輩に引きずりこまれてロードバイク始めました。自転車の世界は右も左もわかりませんが左折くらいはなんとかできますw

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



人気ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】



TREview

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。