湯田温泉チームライド on Jボード/ESSボード

自転車以外の日誌
10 /28 2012
essboard_20121028_01.jpg

先週、宮田君に貸してもらったJボードがあまりに面白かったので似たようなものを楽天で注文しておきました。日曜の夜中に注文したにも関わらず月曜にはモノが届きまして、発送元をよく見たら宇部のお店でした。宇部にもそういうお店あるんだねえ。

essboard_20121028_02.jpg

ちなみに宮田君のはJボードと言ってこの手の最新型。硬くて軽くて漕ぎやすい。僕のはESSボードって言って、柔らかくて重くて進まない。その代わりにお安いの。新品で送料込み2,680円。ま、ちょっくら遊ぶには十分。

essboard_20121028_03.jpg

裏はこんな感じでスケボーの2輪版と思えばOK。スケボーと違うのは地面を足で蹴らなくても、足を前後に動かすひねりの動きで前に進んでいくというもの。実は近所の子供たちがギャーっとか言いながらうちの周りを楽しそうにボードで走ってるの、いーなーと思ってたんだよねw




というわけで湯田温泉チーム、小郡の河原に集合。

essboard_20121028_04.jpg

本来、サイクリング行こうぜー!ってしぇんぱいの掛け声で集合したにも関わらず、誰も自転車持って来てないという。いったい僕らは何のチームなんでしょう。まあ、2輪ならなんでもいっか。

ボード初見の春名さんも興味津々。ちゅーか春名さんは初日からバンバン乗れてました。きっと彼は運動神経とバランス感覚が良いんだねー。

essboard_20121028_06.jpg

で、こういうのは恐れずに練習あるのみ。

essboard_20121028_07.jpg

宮田君は先駆者だけに安定した乗り味でスイスイ進みます。姿が良い。先にも書いたけど、Jボードは軽くて硬くて進みやすいので、Jボードで練習させてもらって、乗れる感覚を得た後にESSボードに行くと怖さが少ないなと思いました。

essboard_20121028_08.jpg

しぇんぱいも乗れてました。写真では恐々に見えますが全然いけてましたよ。50のおっさんがこれだけ乗れると、僕も負けるわけにはいきませんよね。先日の宮田君のスカイダイビング話で盛り上がってる最中も、僕は一人ボードの練習をして、ターンくらいまでは出来るようになりました。

essboard_20121028_09.jpg

Jボードに比べるとESSボードは柔らかい分だけ後足でのキックが効く様に思いました。柔らかく捻れるのでエッジが効いて面白い。J・ESS、それぞれの乗り味も比べられた良い週末でした。
 
関連ブログ
湯田温泉チームライド on Jボード(春ちゃん)
 

お気楽ポタとJボード

ポタリング
10 /26 2012
先週の話で恐縮です。

pota_at_20121021_01.jpg

10月21日、日曜日は良い天気でした。しぇんぱいに誘われて、お昼から軽めのサイクリングに行ってきました。

pota_at_20121021_02.jpg

先々週、ツールド下関で僕らにしては頑張りすぎたので、今日は筋肉をクールダウン。AV20km/hも行かないようなお気楽サイクリングです。

pota_at_20121021_03.jpg

小郡の河川敷からは宮田君も参加。宮田君は今回Nexus7やJボードなど様々なグッズを持ってきてくれました。これがまた楽しいんだ。

pota_at_20121021_04.jpg

道の駅きららに到着。以前もこちらでお話ししたことのある防府のローディさんとダベリング。

pota_at_20121021_05.jpg

再び小郡の河川敷に戻って宮田君のJボードで遊びました。流石に乗りなれてる宮田君は上手い。ポーズも良い。

pota_at_20121021_06.jpg

しぇんぱい、飛んでるよw

宮田君の貸してくれたJボードがあんまり面白かったんで、家に帰ってすぐ注文しました。僕はお安めのエスボード。しぇんぱいはオークションでなんか注文したとか。こりゃ、湯田温泉Xチーム発足の可能性大だね。

time 2:11'18
dist 42.59km (募金貯金 425円 現在合計 19,040円)
ave 19.4km/h
max 46.6km/h
weight 70.8kg → 70.5kg

関連ブログ
きららポタリング ave18km(しぇんぱい)
 

劇的ビフォーアフター(小ネタです)

自転車以外の日誌
10 /21 2012
ビフォー

先ほどツールド下関2009の自分の記事を読みました。2009年当時、僕の体重は恐らく80kg台だったと思います。ぱっと見、どこの田舎ヤクザやねんという風貌なわけですが、当時はそれが当たり前だったし、自分自身何の疑問も持っていませんでした。それがダイエットして60kg台まで落とすと

アフター

こうなりました。昔、ブルーワーカーの宣伝でこんなのあったねw
 

2012 ツールド下関 出走前

→ 2012 ツール ド下関
10 /14 2012
2012 ツールド下関に参加してきました。今回も面白かった! 詳細は後日といきたいところなんだけど明日から出張なもんで、時系列にさらっと写真を載せておきます。

2012_tour_de_simonoseki001.jpg

という訳で、やってきました2012ツールド下関。今回は遅れずに6時30分頃到着。7時20分受付終了の8時出走だから余裕のよっちゃんです。

2012_tour_de_simonoseki002.jpg

湯田温泉チームからの参加者は、僕、しぇんぱい、宮田君、本藤君、春名さん、小春ちゃん、僕ちんです。

2012_tour_de_simonoseki003.jpg

小春ちゃんと僕ちんは45kmコース。僕ちんはウェアもサングラスも決まって一丁前です。たぶん、本藤君より走れるんじゃないかと思いますw

2012_tour_de_simonoseki004.jpg

早く着たんだから早く自転車を並べれば良いんだけど、しぇんぱいは「調整行ってくる」と。今回も無意味に白石さんに自転車の調整をお願いに行ってました。

2012_tour_de_simonoseki005.jpg

そろそろ自転車並べようよーと列の後ろへ、後ろへと自転車を持っていっていると「こんちわー」っと元気な声。のうくれ坊主さんでした。相変わらずスリムで格好いい。2ショット(後ろはご友人)を決め、自転車を置ける場所を探します。

2012_tour_de_simonoseki006.jpg

最終的なポジションは130kmコースの最後尾付近。まあ、我々の場合、ここが定位置と言えば定位置です。

2012_tour_de_simonoseki007.jpg

自転車を置いたら開会式へ。今回の参加者は1200余名とか。上から眺めているとしぇんぱいとMaNaさん、男爵さんが合流してる様子。よし!行こう。

2012_tour_de_simonoseki008.jpg

おっとその前に、おやじぃさん、Tさんも見つけたぞ。Tさん、やたらと体重気にしてたけど、気になるなら痩せなーw

2012_tour_de_simonoseki009.jpg

そして男爵さん、MaNaさんの元へ。お久しぶりです。すっげー楽しそうで表情がいいねー。

2012_tour_de_simonoseki010.jpg

130kmコース、結構人がいるなあと写真を撮りながら自分のポジションに戻っていると

2012_tour_de_simonoseki011.jpg

シラ君発見!なぜか写真を撮られるのを嫌がり頭を抱えるシラ君。その後ろでTさんがコラーッのポーズ。これは、定番のネタなのでしょうか?

2012_tour_de_simonoseki012.jpg

前方で「スタートしました」のアナウンスが始まり、我々も自転車を起こして、一歩一歩スタートラインへと向かいします。

2012_tour_de_simonoseki013.jpg

でもね、15秒に1回6人がスタートなの。こんな人がいるもんだから僕らのスタートは8時30分前後でした。

関連ブログ
「ツール・ド・しものせき2012」へ参加してきました(春ちゃん)
2012年 ツール ド 下関 その1 (のうくれ坊主さん)
2012ツールド下関(MaNaさん)
ツールド下関参加しました!(男爵さん)
ツールド下関(おやじぃさん)
ツールドしものせき2012 (Tさん)
 

2012 ツールド下関 スタート~角島あたりまで

→ 2012 ツール ド下関
10 /14 2012
2012_tour_de_simonoseki014.jpg

スタート直後、田んぼを抜け、いつも混む信号を渡って、ぬるい坂、住宅街を抜け、線路を渡った後、海沿いの道を行きます。しぇんぱい快走。

2012_tour_de_simonoseki015.jpg

問題なく第1エイド到着。道中、沿道からのじいちゃんばあちゃんの声援を沢山頂きました。この声援にはいつも感謝しています。可能な限り「ありがとー」と手を降りかえしておきました。

2012_tour_de_simonoseki016.jpg

第1エイドでお饅頭をサーブしてくれていたボランティアのお姉さん方がめっちゃ可愛かったので3ショットをお願いしてみました。もしかして有料でしたか? えーっと141番、立石ですので、有料であれば家に請求を送ってください。お姉さんのメアド付きでw

2012_tour_de_simonoseki017.jpg

第2エイドに向けて走る、元気な春ちゃん。こういう写真を撮るときは後ろ向きに適当にカメラを向けるんだけど、自撮り同様最近はずいぶん上手になりました。

2012_tour_de_simonoseki018.jpg

前方も連なって良いペースで引っ張ってくれます。ちなみに第2エイドまでは24.3km/hくらいで走ってました。

2012_tour_de_simonoseki019.jpg

なんの写真か忘れました。はい。次。

2012_tour_de_simonoseki020.jpg

第2エイド到着。バナナと塩、水分補給を頂いて再スタートです。ここはチェックポイントにもなっているんですが、ヘルメットに張った番号札をおじさんが大きな声で読み上げてくれて、ピットを通るだけでチェックが済んだようです。滞りのない良いシステムですね。

2012_tour_de_simonoseki021.jpg

おっと第2エイドスタート前に、しぇんぱいが肩が痛いとかで救護コーナーへ。エアサロンパスを肩に振りかけてました。それただの50肩ちゃいますのw

2012_tour_de_simonoseki022.jpg

実は第1、第2と本藤君が遅れ気味だったので角島の写真ポイントまではフォロー入れました。まあ、いつものホンドーコールで鼓舞しただけなんですけどね。角島大橋につながる最後の坂は遅れたみたいですけど。あそこは振り返らずに自由に登ったので、知りませんw

2012_tour_de_simonoseki023.jpg

というわけで角島大橋前で定番の写真を撮りました。チームでの記念撮影は、列が混んでいたのでパスということにしました。まあ、角島はいつでも来れるから良いでしょう。

2012_tour_de_simonoseki024.jpg

角島大橋のフォトポイントにみんな揃ったし、すぐスタートするのかなーと思っていたら、なぜかしぇんぱいがアイスクリームを食ってるです。で、それを見たみんながアイスクリームを食い始めた。おい、それより飯食おうよ。次のエイド行こうよ。本当は腹減ってるんでしょ?

関連ブログ
第6回ツール・ド・下関その3(BlueTさん)
ツールド下関(のらねこ師匠)
ツールド下関 その2(のらねこ師匠)
ツー下2012(ミっチャン)
ツールド下関(モカさん)
 

2012 ツールド下関 角島~第3エイド

→ 2012 ツール ド下関
10 /14 2012
2012_tour_de_simonoseki025.jpg

兎に角、腹減ったんで、ボリューミーなものを求めて第3エイドポイントに向けひた走ります。感覚的には近いと思っていたのですが、これが意外に遠い。俺、もう、ダメかも。。。



2012_tour_de_simonoseki026.jpg

と、そこに毎年恒例の私設エイドが登場です!! なんとツールド下関の参加者のために私設のエイドを提供してくださる木村さんご一家。ここでの補給は信じられないくらいハッピーです。僕、数年前もこちらにご厄介になったんですよ。今回もここでおにぎりを頂けなれば、DNFしていたかもしれません。本当にありがとうございました。来年こそは山口外郎を持参します。佳菜ちゃん大きくなったね。来年は卒業して看護師さんになるとか。頑張ってね。おじさん、応援してる。
http://roadbeginner.blog6.fc2.com/blog-entry-152.html



2012_tour_de_simonoseki028.jpg

私設エイドでおにぎりもらって勇気百倍。さあバリバリいくぜー!と。ところが第3エイドは例年の道沿いの小学校でなく、山の中に替わったらしいんです。もうすぐご飯だーと思ってるところで、最後の最後に山坂とか、もうどんだけー 飯までの道のりは甘くして欲しいです。でも、ここ第3エイドで、待望の角煮マンがキター。これがどんだけ待望だったかというと。。。

2012_tour_de_simonoseki029.jpg

こんだけー(手前は角煮マンです)

2012_tour_de_simonoseki030.jpg

ツールド下関、今回も食べ物は例年通り良い感じでしたが、食事の提供量に問題があったかなー。この第3エイドに遅れて到着した本藤君は蕎麦を食べ損ねたみたいなんですよ。同じ参加フィー払ってるんだから、お・そ・い本藤君にも蕎麦を食べさせてやりたかったです。まあ、僕は蕎麦3杯食ったんですが。すみません。

2012_tour_de_simonoseki031.jpg

そう言えばこのエイドでは宇部高の校章が入ったTシャツを着てるグループを発見しました。聞いたところ、平成4年卒の要は今年の総会の受け持ち年度の方。総会で使ったTシャツをチームのユニフォームにして出場してらっしゃるとのこと。ただ、会えたのが救護班でして。お嬢さんこけちゃってここでリタイアしたみたいでした。あ、でも、お嬢さんにはゴール後にまた会えて「来年頑張ります!」って言ってました。そうだよ。宇部高生は負けないからな。来年も頑張ろうな。

2012_tour_de_simonoseki032.jpg

ま、そんな感じの第3エイドでした。

関連ブログ
第6回ツール・ド・下関その4(BlueTさん)
Tour de しものせき2012(SOSYUさん)
ツールド下関2012(yuyaさん)
ツール・ド・下関(Junくん)
ツール・ド・しものせき2012 (fuk@さん)
 

2012 ツールド下関 第3エイド~ゴール

→ 2012 ツール ド下関
10 /14 2012
お、そろそろ寝ないとまずいぞ。

2012_tour_de_simonoseki033.jpg

第3エイドからは菊川ダム登って降りるだけ。結構短い距離だったように思います。最近ね、昇りで息が上がらないんですよ。やっぱダイエット効果はすげーなーと。

2012_tour_de_simonoseki034.jpg

で、ここで湯田温泉チームにSHIMANO DRINKINGジャージの方がしばし合流。なんでも大阪から来られたそうで白石さんのお知り合いとか。しばらくご一緒したんですがなんかこういうの不思議な縁を感じますねえ。「ツー下は良いイベントだ」と仰ってました。来年も是非一緒に遊びましょう。

2012_tour_de_simonoseki035.jpg

ダムの昇りかな? しぇんぱいを抜かしながら撮ってみました。空元気w

2012_tour_de_simonoseki036.jpg

ダムの昇りかな? 春名さんを抜かしながら撮ってみました。余裕です。

2012_tour_de_simonoseki037.jpg

ダムの昇りかな? 本藤君を抜かしながら撮ってみました。笑顔が良い。
宮田君は。。。このとき足攣ってたみたいです。

2012_tour_de_simonoseki038.jpg

第4エイドに着いた途端に爽やかな青年から声をかけられまして、誰?と思ったら、先月、益田INAKAライドのNグループでご一緒頂いた方でした。よー分かったねー。確か九州から来られたと、あの時お聞きした覚えがありますよ。男前やね。また自転車に限らずご一緒しましょう。

2012_tour_de_simonoseki039.jpg

第4エイドもそろそろ出ないといけないんじゃないかな。ここはちょっと休みすぎな感じ。

2012_tour_de_simonoseki040.jpg

ここから残り20kmなんですが、ずっと昇り基調なんですよね。勾配自体はゆるいんですが距離が長いので気持ちが削られます。イベントが終わる寂しさも手伝って、みな足が重そう。

2012_tour_de_simonoseki041.jpg

でも走り始めると、みな元気。特にしぇんぱいはwww 繰り返しで悪いんですが、僕はダイエットで体重を減らしことで坂に当たっても息が切れることは無くなりました。今回、ツー下って楽じゃんって思ったんです。ただ問題は足ですね。そこそこのスピードを保ったまま距離走るのに慣れてないんです。これはやっぱ走りこむしかないんでしょうね。来年はそこを詰めていこうと思いました。

2012_tour_de_simonoseki041.jpg

という訳で感動のゴーーール! 後ろからみんなを撮ってみました。本藤君が写ってないのはご愛嬌ってとこか。彼も15分遅れくらいで着いた思います。いや思いたい。なぜなら

2012_tour_de_simonoseki041.jpg

彼が一人ゴールしてた頃、僕らはふぐ鍋を突いていたからですw

time 5:46'53
dist 132.59km (募金貯金 1,325円 現在合計 18,615円)
ave 22.9km/h
max 57.0km/h
weight 69.8kg


最後に、運営の皆さんお疲れ様でした。行政の皆さんにもお世話になりました。そして、地域の皆さん! 応援をありがとうございました。僕らのチームは事故も怪我もなく、一日笑って、本当に楽しく遊ばせてもらいました。こんなに楽しい日は生涯に何度もありません。皆さんがおもてなしとして用意して下さった数々の善意に、心よりお礼を申し上げます。下関最高でした!また、是非遊ばせてください。

 
関連ブログ
下関ツールドフランス(しぇんぱい)
ツールド下関(白石さん)

体育の日とツールド下関の準備

ポタリング
10 /08 2012
体育の日は運動だぜ

今日は体育の日。祝日法によれば「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。」日だそうです。皆さんはスポーツをされましたかー? 僕は早起きして国旗を掲揚した後、しばらくのんびりして、その後、自転車できららドーム方面を目指しました。なぜ、きららドーム方面かというと。。。

阿知須中学校へ

娘の所属するソフト部の練習試合が阿知須中学校であったからです。レーサーパンツのもっこりは女子中学生には刺激が強すぎるので草木の陰に隠れて応援してました。結局、ご近所の旦那さん、奥さんに見つかったのですがw 今回は結構な点差で勝ってたようです。練習した甲斐があったねー。

道の駅きららにて

その後、きららに到着。いつものことですがきららで写真を一枚撮っときました。流石に三連休だけあって道の駅きららにはそこそこお客さんがいらっしゃいました。そうそう、僕、最近、Facebookを始めましてね。Facebookの方にも「きららなう」と一枚挙げておきました。よかったら探してくださいな。

周防大橋からきららドームを望む

で、来週ツールド下関もあることだし、ちょっときつめに21号線を通って山口に戻ろうと、日頃と逆の方向に進みました。写真は周防大橋からきららドームを見た図です。真ん中にちっちゃく白く見えるのが先ほどまで居た道の駅きららの近くのきららドーム。港状にえぐれてる部分をぐるっと回ってきた感じですね。11時半、そろそろお腹が減りました。

肉まんウマー

うっはっはー。肉まん (゚д゚) ウマー!!! ガッツリ食うには早いけど食べなきゃハンガーノック起こすかも。だけどもうちょっと走れば家。いやその前に坂。なーんてタイミングには肉まんがお奨めです。暖かいので腹が太ったような気分にもなりますし。ちょっと話し変わりますが来週のツールド下関では、肉マンでなく角煮マンが頂けるはず。楽しみですー。

ANOで整備

敢えて21号線から帰ったのは最終的にANOサイクルさんに寄れるなーって計算があったわけで、ツールド下関に向けてみっちゃんにハンドルとギア・ワイヤーの緩みを見てもらいました。そりゃもう変速がスパスパ決まるようになりましたよ。どこかで落としたテールランプもカエルちゃんでばっちり補強! さあ、来週はいよいよツールド下関だ!

time 2:41'53
dist 63.49km (募金貯金 634円 現在合計 17,290円)
ave 23.5km/h
max 42.4km/h
weight 70.0kg → 68.8kg
 

立石

山口県山口市住みの親父です。
 
先輩に引きずりこまれてロードバイク始めました。自転車の世界は右も左もわかりませんが左折くらいはなんとかできますw

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



人気ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】



TREview