05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 


--:--  |  【スポンサー広告】カテゴリをまとめて読む

久しぶりの一人旅

2009.06.27 (Sat)

出発前のDEFY3

しぇんぱいから連絡がありませんでしたので、今週は一人旅をしてきました。7:00頃、簡単にDEFY3の点検をしながら、さーてどこに行くかなあと考え、「 徳地に行こう!(先々週のヤキトリが美味かったから)」と決定。まあ、理由なんかなんでも良いんです。走行距離が大体100kmになって、折り返し地点に何かあれば、それで充分。

山口合同ガスのタンク

今回は遠回りになる小郡経由が面倒でしたので、山口大学の横を抜けて、防府市の台道を目指すことにしました。上の写真は山口大学から小京都の丘を越えて降りたところ、大内にある山口合同ガスのガスタンクです。大内雛をモチーフにしてるらしいです。
こういうのって茶目っ気たっぷりで洒落てますよね。

山口県の県道のガードレールは黄色

突き当たりの交差点を右折して県道21号線に入りました。この道はほぼフラットでトンネルもなく、足を使わないまま防府市に抜けることができます。「ガードレールが黄色?」と思われた方はきっと県外の方でしょう。山口県では県道のガードレールが黄色に塗られてましてね、県特産の夏みかんの色だそうですよ。この薀蓄は山口県民から必ず聞くことになりますので、僕も山口県民として書いてみましたw

鰐鳴八幡宮入り口

更に県道21号線を進みます。たまに車でもこの道を通ることがあるのですが、鰐鳴八幡宮なんていう変わった名前の八幡様があることを、今日初めて知りました。自転車ってのはこういう再発見もあって良いですね。今回は急ぐ旅でもありませんし、ちょっと寄ってみることにしました。神社特有のあの凛とした感じが好きなもんで。

鰐鳴八幡宮の立派なお宮

緩い坂の参道を50mも走りますと立派なお宮が見えてきましたよ。非常に趣のある、なんだか由緒正しいお宮さんのようです(後で調べましたが、こちらは市の指定文化財となっているようです。リンク先には神社の命名に関する逸話もありました。) 門前にて一礼し、DEFY3と共にお邪魔しました。お賽銭をあげ、家族の健康と旅の安全を祈願し、御神木にも触れて力を頂きました。神社は良いですねえ。心が洗われるようです。

2号線まで出てきました

さて、鰐鳴八幡宮様を後にし、県道21号線をひた走り、2号線との交差点に到着です。ここはいったん直進して周防自転車道に入りました。

佐波川サイクリングロード入り口

周防自転車道を少しだけ走って再び2号線に戻り、防府市街地へとつながる旧国道2号線を進んで佐波川サイクリングロードにやってきました。サイクリングロードには、殆ど人の姿もなく、追い風の下、自転車は快調に進みます。

防府市サイクリングターミナル

防府市サイクリングターミナルに到着。ここでトイレをお借りしちょっとだけ休憩を入れました。んー。先々週ここでも3人で馬鹿話をしたわけですが、今日は「屁をしても一人」な感じ。一人は寂しいなあと、ここで初めて感じました。「いーね!新しいジャージ。いーね!」とか誰かに言われないと気力が萎えちゃうよ。ま、でも、徳地に行くって決めたからな。行こか。

自転車専用道があった!

防府市サイクリングターミナルから徳地に向かう途中(県道27号線?)に、自転車専用道を発見しました。と言っても100m程度の区間だけでしたけど。山口県にもこの青いレーンがあったんですねえ。少なくとも僕は今日初めて見ました。

たこ焼き屋さんに着いたよ

で、徳地の例のたこ焼き屋さんに無事到着。誰も「すごーい!」とも言ってくれないし、写真も撮ってくれないので、この際、自撮り。おまいは女子高生か!って話。でも折角の新ジャージなんだもん。記念だよ。記念。ピースでもすりゃ良かったな。

豚バラとヤキトリー!!!

そんでもって、豚バラとヤキトリを塩濃い目でそれぞれ2本注文しましたー! うめー! これうめー! 塩分サイコー! 朝っぱらから焼き鳥サイコー! と一人で無理やり盛り上げ補給完了。ま、実際はたこ焼き屋のおばちゃんとトークしてたけどね。さて、復路の出発だー。

荷卸峠はきつ過ぎるぜ

帰りは同じ道を通っても面白くないので、徳地から直接山口に帰っちゃおうと、荷卸峠に挑戦しました。距離は20km位減るんですが、やっぱ甘えずに峠の一つも越えないとね・・・と思ったのが運の尽き。斜度7~8%の坂が延々続くんですよ。これ道を知ってるだけに辛い。まだあるなあと思うと足も止まるし、結局5回は足付きました。写真は一応登りきったところです。怒ってるわけじゃなく息が上がってるだけでしてw そして荷卸峠を下るとそこはいつもの道の駅 仁保。仁保からはほぼフラットなんで適当に流して帰りましたとさ。

結論:「一人旅は、笑いもなく、寂しい」

time 3:24'22
dist 77.25km
ave 22.6km/h
max 自主規制

 

スポンサーサイト


17:11  |  【ポタリング】カテゴリをまとめて読む  |  トラックバック(0)  |  コメント(21)

備品-プロチームレプリカジャージ2

2009.06.26 (Fri)

プロチーム レプリカジャージ Team Columbia 2

ヤフーオークションを眺めていたらついつい手が止まらず、Team Columbiaのレプリカを競り落としちゃいました。なーんか隔週ごとに自転車関係のモノを買ってる気がするんですが、きっと気のせいですよね。

 


15:46  |  【購入した備品】カテゴリをまとめて読む  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

温泉に行ってきました、自転車でw

2009.06.20 (Sat)

あいお荘にて怪しい二人w

今週は頭の中にずっと『温泉』の二文字が渦巻いていたのですが、無意識か潜在意識の中に『温泉』が潜んでいると、ついそれを手繰り寄せてしまうのでしょうか。朝、当て所なく宇部方面に向けて出発したはずなのに、気がつくと露天風呂に入っていました。何を言っているのか分からないかもしれないが、催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ、断じてねえ。あ…ありのまま、今、起こった事を話すぜ(AA略)



今行くからさーちょっと待ってよーのしぇんぱい

毎週木曜位になると「どこいくー?」のメールをくれるしぇんぱいが、今週に限って連絡を寄こしてきません。どうやら先週の100kmが堪えたようで、今週はサボろうとしてたみたいです。
先輩、なにゆ~てはるんですか~。僕から電話をして、7時にしぇんぱい宅を急襲。
ちょw まだ準備が出来てませんがなw

BOMBARDIERのチームジャージを手に入れた春名さん

10km程度走り、いつもの椹野川河川敷で春名さん(仮名)と合流です。おっ!胸のKUOTAのマークも鮮やかに、ボンバルディアのチームジャージじゃないですかー。「防府のびーくるさんで買っちゃいました」とのこと。こっちはやる気充分ですなあ。

さーてどこ行くかねえと・・・

で、農道を3人で隊列走行しました。今日はいつものきららドーム折り返し40kmコースかなあと思っていたら、しぇんぱいが一時停止で、「風呂入りて~なあ」と一言。いや、あの、まだ朝の7時台なんですが? まあそれでも、西岐波に健康ランドみたいなんありましたかね~と切り替えしたところ、「いや、あいお荘だな」と。あいお荘ww すぐそこじゃんwww

あいお荘の激坂!

でも、しぇんぱいが言い出したからには、あいお荘に決定なわけで。ここで、地元でない方のために一応ご説明。あいお荘はね、山口市の瀬戸内側、秋穂町にある国民宿舎です。坂道を700m程度登った山の中腹にあって、標高は60m地点くらいかなあ。軽自動車なんかだと息をつきそうな激坂の上に建ってます。

坂を登ればこんな景色が!

上でも書きましたが、あいお荘は海の際の山の中腹に建ってまして、登りきるとこんな風景に出会えます。写真は、ガーデンウェディングなんかも行われる外庭にて。芝が綺麗、空も海も青い。こんな晴れた日は見晴らし最高。彼方に霞がかかっていなければ、ちょうど海の向こう正面に国東半島が見える位置です。

しばらくテラスで歓談

風呂が開くのが10時とかで、張り出しのテラスにて、2時間くらい馬鹿話をして過ごしました。もう足に根が生えちゃいそうなくらい、景色も風も気持ち良いんですよ。

さーお風呂行くぜー!

そんなこんなで10時になりましたのでお風呂へ。入浴料が550円、タオルが200円と格安。春名さん、ボンバルディアのデビュー戦が温泉とはね。背中のKUOTAが泣いてるぜ。

風呂場を撮っちゃいましたw

ポイポイっと服を脱いで浴場に入ってみれば、「うっはっはー誰もいねー。写真撮っちゃおう。」とカメラを取りに戻って、内風呂の写真を撮ってみました。浴場はあいお荘の2階にありまして、ここからでも充分に展望が開けているんですが、

露天風呂にて

やっぱり露天風呂ですよね。後から入ってこられたお客さんが「撮っちゃろうか?www」と言って下さいましたので遠慮なくお願いしました。えーっと、おっさん3人でるるぶか!とか、じゃらんか!との突っ込みは不要です。

さー行くかー

ついでにエビフライ(秋穂はえび狩り世界選手権大会が行われるくらい車エビの養殖が盛んなのです)食ってくか!って話もあったのですが、まさか温泉に入るとか思ってなかったので、全員手持ちが足りそうにありません。取りあえずお風呂だけで満足して、あいお荘を後にしました。



うどんで〆です

温泉でほぐれた筋肉で軽やかにペダルを回し、追い風にもびゅんびゅん背中を押され、お安めの定食屋さんに到着。もう頭の中はエビ、えび、海老、蝦、車エビー!となってまして、充分に潜在意識に海老が刷り込まれていましたので、間髪入れずに海老天うどんを頼んだのですが・・・出てきたのは小エビの掻き揚げだったお。

time 2:14'42
dist 50.99km
ave 22.7km/h
max 自主規制

距離はアレだけど、温泉(・∀・)いーよー。

 


17:40  |  【ポタリング】カテゴリをまとめて読む  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

口コミ温泉ランキング

2009.06.19 (Fri)

口コミ温泉ランキング

先週の輪行があまりにも面白かったので、すっかり旅行に行きたくなってしまいました。温泉に浸かって日頃の疲れを癒したり、風呂上りに地元の名産を肴にビールを きゅーっ(><)くっはっー なんて良いですよねー。さりとて簡単には時間も取れず。手慰みに「口コミ温泉ランキング」なんてーものを作ってみました。出雲あたりに行きたいなあ。

 


22:08  |  【ちょっとしたプログラムとか】カテゴリをまとめて読む  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

初めての輪行に行ってきました。

2009.06.14 (Sun)

初めての輪行に行ってきました。電車で向かった先は徳佐駅、山口線で山口駅からわずか11駅目です。地元の方であれば、「すぐそこじゃん!」とか「お前、輪行って言いたいだけちゃうんか!」と言われそうな距離ですが、でもねこれで輪行の基礎を学べば、次は女子部と一緒に京都でるるぶしちゃったり、北海道でキャピキャピしちゃったり、アラスカだって、どこにだって行けるんだっぜー。輪行スッゲー!

輪行@山口線

と、妄想はさておき。もちろん輪行したのは女子部ではないわけでして。今回も、電車の中でおにぎりを頬張り朝っぱらから旅気分満喫の、我らがしぇんぱいと

輪行@山口線

立石、春名さん(仮名)のいつもの3名でお送りしまーす。えー、さて、輪行袋は迷惑とか邪魔とかそんな話も聞いたりしますが、朝6時台の山口線は我々3名の他には2名の乗車のみ。田舎万歳なのです。

輪行@徳佐駅

徳佐駅に着きますと雨がそぼ降っておりました。写真は出発前の風景です。春名さんの輪行袋は前後輪を外して収めるタイプで生地も薄手、ボトルケージに収まるサイズのものです。荷物を持って回るスケジュールであれば、こちらのサイズの方が圧倒的にお手軽で良いようです。僕の輪行袋はボトルケージに収まりませんので、しぇんぱいのバックパックに入れさせてもらいました。

野道峠近辺

さて、今日のルートは、徳佐から山2つ越え→鹿野→徳山カントリー→徳地から佐波川CRを下って→小郡→山口 という約100kmの行程です。写真は出発から4.6kmの野道峠付近。まだ1つ目の峠ですし、なんとか登れてます。

岡の原近辺

一旦、下って次の峠に入りました。写真は岡の原あたりで、レインウエアを脱ぐためにちょっと遅れたしぇんぱいを待ち構えて撮ってみました。バックパックを担いでの登坂、お疲れ様です。この先、もう少しきつい坂が続きます。

国道315最高地点

本日の山場、河内峠を登り終えて笑顔の二人。実は徳佐駅って海抜300m位にありましてね、この河内峠を登り終えれば、後は約600m分下れるって訳です。あーだから徳佐スタートだったのねーとか突っ込まないようにw

国道315最高地点

もう一枚。遠近感狂いまくって巨大化してる僕と春名さん。僕にとってこの河内峠はきつかったです。正直、2人よりもずっと500m位は遅れてました。登りきった直後は、息切れして話もできなかったくらいですから、ペダルも兎も角だけどデブすぎるんですね。きっと。

鹿野農林産物直売所

河内峠からずっと下り基調で、鹿野インター近くまで来ました。

向道湖付近

更に周南市方向に下ります。向道湖付近で315号線が再び登りに入るのですが、「今日はもう登りたくねー」という僕の意向で、下り基調のまま徳山カントリークラブに出られる旧道を確認しているところです。まあ、実際には折り返しの376号線でまた若干の登りがあるのですけども。

徳山カントリークラブ入口前

旧道を下っていると、徳カン入り口に到着しました。

徳山カントリークラブ入口前

徳佐スタートとは言え、よく徳山まで来たなあと感激。ここから折り返して、376号線を徳地へ向かうのですが、島地川ダムからの下りは最高でしたよ。これまでの写真から明らかなように、今日は先日購入した BBB OPTIVIEW PH のデビュー戦だったのです。坂を登るときは蒸れて中が曇って今一かなあと思っていたのですが、下りでは風を巻き込まないアイウエア、最高! 坂を下ってる最中にコーナーに顔を向けて目を見開いても、目玉が痛くないんですもん。安全のためにもアイウエアは掛けるべき。その効果がハッキリと分かりました。

徳地のたこ焼屋さん前

徳地に到着。今朝は出かけにパンを1枚食べただけでしたので、徳地に着く前には腹ヘリまくりです。ウイダーインなんかいくら食べても腹持ちしませんもんね。「そう言えば徳地には、焼き鳥屋さんがあるよ」なんて、徳地まであと5km地点でしぇんぱいが言いだしまして、376号線を「焼き鳥ー!!」「ヤキトリー!!」なんて掛け声をかけあって走りぬきました。馬鹿ですw で、たこ焼きがあるー(・∀・)もちろん、たこ焼きも腹いっぱい食べました。

防府市サイクリングターミナル

徳地から376号線を防府方面に走り、防府市サイクリングターミナルでちょっと休憩。腹も満たされてますし、もう大体帰ってきたねって感じでポタ気分なのです。そういや、しぇんぱいは防府市出身でして、今は亡きしぇんぱいのご尊父様がこの防府市サイクリングターミナルの建設に尽力されたとのこと。完成式典にはあの中野浩一さんも来られたらしいですよ。

佐波川サイクリングロード

佐波川サイクリングロードに入りました。初めて走りましたが綺麗な道ですね。この佐波川CRを終点まで進み、防府の台道に出て周防往還自転車道に入り、適当なところで右折して農道を進み

ホテルVIPS前の二人・・・

小郡のホテルVIPSの前に出てきました。二人とはここで別れ僕は山口市を目指しました。残った二人がどこへ消えたかは分かりません・・・なわきゃーないw 僕ら健全な男子ですから。春名さんの奥さん(ESCAPE R3使い)と共に女子部員募集中でーす。

time 4:48'29
dist 117.80km
ave 24.5km/h
max 自主規制

 


15:02  |  【ポタリング】カテゴリをまとめて読む  |  トラックバック(1)  |  コメント(5)

DEFY3をタイオガのコクーンに収めてみるの巻

2009.06.12 (Fri)

昨日、購入した輪行袋 『タイオガのコクーン』 ですが、ネットでは、「良い」という評価の一方で、「ギリギリ収まらなかった」というネガティブな報告も散見されます。わずか3,000円ちょいのお買い物とは言え、これだ!と思って買った輪行袋に、自分の自転車が収まらなかった時のショックは、きっと計り知れないものがあるでしょう。という訳で、僕も今回は人柱の気分でのトライです。

DEFY3とタイオガのコクーン

僕のDEFY3のフレームサイズは465です。この見た目おっきな自転車が、本当にこのちっちゃな袋に入るのかなあ? 出来ることならペダルも外さないまま入って欲しいなあ。

【注】 取扱説明書にはペダルを外すように書いてありますが、この時点で既に取説は無視です。だって輪行するのにレンチなんか持って行きたくないじゃん。ね?

DEFY3の前輪を外してまとめてみた図

いくつか『タイオガのコクーン』に関するブログを拝見いたしましたが、皆さんそれぞれの方法をお持ちのようで、正解というものはないようです。僕も僕のやり方で進め、入らないときに考えることにします。では早速作業に移りましょう。

先ず、(1)前輪を外し、(2)付属のバンドでクランクをダウンチューブに固定。(3)次にハンドルを90度切って前輪を咬ませ、(4)この状態のまま前輪を数箇所固定します。作業が終わったのが上の写真です。なお、(3)~(4)については、自転車を壁に立てかけながら作業を進めると良いようです。

【注】 取説では自転車を寝かせて作業するように書いてありますが、安定しないので、立てかけたほうが圧倒的に楽です。同様にハンドルを左に切り、前輪も左に固定するように書いてありますが、右肩で担ぐことを考えた場合、スポークを痛めるように思いますので、僕は全てを右に持って行きました。

そっか!DEFY3を立ててカバーをかければOKだ

次に、輪行袋を掛けますが、ここでしばし悩みました。一般的に「前からカバーを掛けるように入れる」ということらしいのですが、フロントフォークとハンドルが袋の端-端に綺麗に入ってくれません。うーん、なんとか一人で楽にいれる方法はないもんかと考え、試すこと15分、取扱説明書を見ていて閃きました。それが、これ。

(1)サドルを持って自転車を後輪で立たせ、(2)フロントフォークとハンドルを輪行袋に綺麗に収める。(3)トップチューブ上のジッパを閉じて前側の収納が完了。(4)その体制のまま、後輪側のジッパも可能な限り閉じておく。(5)自転車を降ろして、残りの後輪部分のジッパを閉じれば完了。これ、すごく簡単なのでお試しあれ。

DEFY3(465)はタイオガのコクーンに入りました

という訳でDEFY3(465)はペダルを外さなくても、タイオガのコクーンに無事収納できました。まだ少し余裕があるようですのでヘルメットも入れられそうです。今回は肩掛けベルトを装着しませんでした(これは実際の輪行時にトライします)が、肩掛けベルトはステム~サドルに渡すだけなので悩むところはないでしょう。以上、コクーンの購入を考えていらっしゃる方の参考になりましたら幸いです。


【追記】
出先ではトップチューブに括りつけるのかな?

お試し収納が終わってから出先でのことを考えてみました。出先では上の写真のように輪行袋をトップチューブに括りつけて走ることになるのでしょうか。他に良い方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授頂けますと大変幸せます。

 


12:03  |  【購入した備品】カテゴリをまとめて読む  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

備品-輪行袋 (TIOGA COCOON : タイオガ コクーン)

2009.06.11 (Thu)

しぇんぱいから、「今週末は輪行しようぜ!」とのお誘いを頂きましたので、防府市のびーくるさんで輪行袋を買って参りました。僕が選んだのはタイオガのコクーン。タイオガのコクーンは、『前輪を取り外すだけの簡単収納。しかも3,000円代のお値打ち価格』ということで、ネットでの評判を元に、こいつに決定。(決定は良いんだけど、隔週で何か買ってる気がする・・・)

輪行袋:タイオガ コクーンの外観

先ずはコンパクト収納用の袋に入った状態です。上の写真では比較対象がないので分かりにくいですが、コクーンは後輪をそのまま収める分だけ輪行袋が大きいようで、コンパクトにしたこの状態でもボトルケージには収まらないサイズのようです。

輪行袋:タイオガ コクーンの内容物

いつものように内容物を晒してみたいと思います。コンパクト収納用の袋(右上)の中には、輪行袋(左上)と、バンド類・取扱説明書を収めたビニール袋(下)が入っていました。
袋だらけwww

輪行袋:タイオガ コクーンのカバー

メインとなる輪行袋を広げて床に置いてみました。巨大なガーメントバッグといったところでしょうか。輪行袋の生地は、キャンプ用品の折りたたみ椅子に使われているナイロン生地を想像されると、かなり近いと思います。自転車を運ぶため、それなりの強度はありそうです。

輪行袋:タイオガ コクーンのバンド類

今度はビニール袋を開けてみました。上から、肩掛け用ベルトと思われるものが2本。それと、ホイール他可動物の固定用と思われるマジックテープが長4本、短2本。後はA4片面の説明書が1枚入っています。

輪行袋:タイオガ コクーンの説明書

この説明書ってのが、パチもんかってくらい画素数の荒い白黒コピーでして、正直読む気になれません。上手い具合に今日は自転車も持ってきてませんし、ここは一つ先人のブログをじっくり拝見させて頂いて、明日にでも収納を試してみることにしましょう。ペダル外さずに入れられると良いんだけどなー。本日はここまで。

あ、そうだ。汗汗フェスタには出場決定と相成りました。こちらの方もどうなりますことやら。

 


16:50  |  【購入した備品】カテゴリをまとめて読む  |  トラックバック(1)  |  コメント(4)

「汗汗フェスタ 2009 in 千畳敷」に出場決定!

2009.06.08 (Mon)

汗汗フェスタ 2009 in 千畳敷

春名さん(仮名)からメールが来た。

> お疲れ様です。春名です。
> 今年も「汗汗フェスタin千畳敷」の申込みが開始されました。
> http://www.gotjp.com/mtb/
> 「チームの部」がありますので、3名で参加しませんか?
> 自転車は提供します。1周交代で3時間走ります。
>
> 今の職場で声掛けると別途3名あつまりましたので、
> 2チーム体制で挑みたいと思います。
>
> 毎年早めに定員となりますので、早々のご決断を!
> チーム監督より。

ちょ!? えっ!? MTBの鬼監督 キタ━━━━(゚∀゚;)━━━━ !?



7月11日追記
「汗汗フェスタ 申込み完了!」のメールが来た。

> お疲れです。春名です。
> 汗汗フェスタ2009in千畳敷、申込みが完了しました。
> 7月より順次登録章が発送されるとの事です。
>
> ところで目標周回ですが、我チームで
> 最低10周回を死守!するよう頑張りましょう。
>
> 「下りは踏んでいけ!上りは根性で上れ!」
> チーム監督より。

とにかく踏めってことね キツ━━━━(゚∀゚;)━━━━ !!



走ってきました汗汗フェスタ2009!「汗汗フェスタ激走レポート」はこちらからどうぞ。

 


20:04  |  【→ 2009 汗汗フェスタ】カテゴリをまとめて読む  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

梅雨に入る前に100km行っときました。

2009.06.07 (Sun)

鳳翩山の吉敷峠入り口

今日の予定は、維新公園→吉敷峠→道の駅「みとう」→秋吉台カルストロード→道の駅「みとう」→小野湖→宇部→道の駅「きらら阿知須」→維新公園と、予めしぇんぱいがALPSLABで旅程を組んでバッチリ100kmです。7時頃に吉敷峠入り口に到着。

鳳翩山の吉敷峠頂上

「たかが高低差400m。国東半島を走り回った僕からすれば軽いもの」なわけもなく、途中3回も休憩を取ってしまいました。引き足使えないのきついなあ。ぼちぼちビンディングに換え頃なのかも。

鳳翩山の吉敷峠頂上

しぇんぱいは結構余裕の表情してます。しぇんぱいは下りも飛ばしませんし、登りもそこそこ登っていきます。筋肉の付き方を見ても、長距離向きの人なのかもしれません。

道の駅 美東町

峠を下り、道の駅「みとう」に到着しました。まだお店なども開いていませんので、自動販売機でポカリを補充し、う○こして体を軽くして秋吉台を目指します。


秋吉台 カルストロード

秋吉台 カルストロードに入りました。地元の人だと、昔の有料道路って言うほうが通りが良いかもしれませんね。休日の朝は飛ばし屋さんの車やバイクがたまに通るだけで、対向車も殆ど来ませんし、割りと安心して走れる道です。実はここに登るまでがまた結構な坂の連続でして、吉敷峠と合わせて今日は2度死にました。

秋吉台 カルストロード

それにしても、なだらかな丘が延々と続いて、ちょっと日本とは思えないような風景でしょ。これ、カルスト台地って言うんですが、要は石灰岩で出来た台地でして、この台地の下に雨水の浸食で出来た鍾乳洞があるわけです。

秋吉台

ズームで撮ってみました。むき出しになっているのが、石灰岩です。(勿論、国定公園だからということもありますが)石灰岩は脆く、そこここに侵食の穴があるかもしれないからということで、建物も殆ど建っていません。

折り悪く今日は山に雲がかかっていまして、この先で下りに入る頃には霧雨に見舞われてしまいました。死ぬ気で登って、下りは霧雨で楽しめずというお粗末な結果でしたが、大正洞方面に無事下りまして、そこから再び道の駅「みとう」を目指しました。

マロンパパさんとグレッグメロンさんに遭遇!

道の駅「みとう」まであと2kmということろで、爽やかに坂を下る二人連れのローディとすれ違いました。にこやかに手を上げたところ、どうもこちらをガン見されてる気が?不思議そうにすれ違う。。。振り返る。。。あちらも振り返ってる。ブルーのGIANT SRAM(・∀・)あれマロンパパさんだwww とやっと気がつきました。

マロンパパさんとグレッグメロンさん、わざわざ坂を登って会いに来てくださいました(一方、しぇんぱいは気づかずにそのまま道の駅へ)。10分程度、お話できたでしょうか。しぇんぱいから、「もう、うどん頼んだよー」との電話が入りまして、お二人とのファーストコンタクトはあえなく終了。今度、湯田でゆっくり飲みましょうよ(´∀`)


先輩先に食ってますがなw

道の駅に着いたら、しぇんぱいホントにもう食べてました。ちょw いただきますは、みんなで一緒にって幼稚園で習うじゃん。守ろうよー。そこは守っとこうよー。

僕のうどんも注文済みでした orz...

で、僕のうどんも既に届いていましたwww 待つでしょーwwww 伸びるでしょーwwww でも美東のゴボウ天うどん美味かったから許す。

小野湖と先輩

腹ごしらえを終了し、小野湖を目指しました。ここら辺はほぼ下りなので楽チン。

小野湖と僕

僕のも1枚あったのでついでに。小野湖からは宇部を目指す予定だったのですが、頻繁に休憩を取っていたせいで時間的に宇部は無理かもという話になりまして、ショートカット。小野から左に折れて嘉川に向かいました。2号線まで出れば(車は多いですが)もう少しフラットな道を走れたはずなのに、ここで選んだ道はまたしても山。ヒーコラと山を越え、嘉川→小郡→山口と帰りました。


椹野川の河川敷公園

昼から用事があるしぇんぱいと別れ、椹野川の河川敷公園まで戻ってきまして木陰で休憩。この時点での走行距離が85.5km。あと15kmかー。近所でも回るかなーと、椹野川を上って宮野から9号線バイパスに入り、これを下って維新公園に戻ってきました。

山口維新公園

維新公園では陸上競技や、テニスの大会、合気道の大会などが開かれていましたよ。天気もそこそこで運動には良い日だったでしょうねー。

山口維新公園で遊ぶ子ども達

暑さしのぎに子ども達も水遊びをしていました。僕も家に帰ってシャワーにしよう。

time 4:46'44
dist 101.08km
ave 21.1km/h
max 自主規制


この日、山口県人はなぜか皆、秋吉台を目指していたようです。お薦めのブログを2編。
 ロードレーサーと柴犬マロン:「秋吉台まで3人でサイクリング!」
 しおしおのチャリ日記:「秋吉台へロングライド」

 


18:07  |  【ポタリング】カテゴリをまとめて読む  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

ビックカメラがオープンしました/メガネのタナカで度を入れる

2009.06.05 (Fri)

【ビックカメラがオープンしました】


ビックカメラがオープンしました

ベスト電器とビックカメラの共同出資会社(ベ90:ビ10らしいです)株式会社B&Bが、ビックカメラのフランチャイズ1号店として山口市平井に本日、ビックカメラ山口店をオープンさせました。写真から分かるように店舗は旧ベスト電器をお色直ししただけですが、品揃えはビックカメラ並みとのこと。これで山口市には、ビックカメラ・ヤマダ電機・デオデオと家電小売が3つ揃うわけでして、このことで価格競争が進むならば、消費者としては望ましい限りです。

そのビックカメラの看板に「自転車」「眼鏡」と大きく書かれているのが、ここ数日気になっていましたので、外出ついでにさっそく寄ってきました。

自転車は1階エレベータ右(昔のCDコーナー)にエリアが取ってありました。ロードバイクも一応置いてあり、展示物ではRA700GT4が共に85,000円強の値付け。フレームサイズが揃えてあるのかは分かりませんが、実車を見たいという方は行かれると良いでしょう。それと、眼鏡屋さんはエレベータ上がって右の右(昔のパソコンソフトのコーナー)。小さいながらもスポーツグラスのコーナーが設けてあり、ここではOakleySWANSSpalding等を扱っているようです。Spaldingはインナーフレームも展示してありましたから、SPG度付きにしたい人はすぐにでも買えそうですよ。


【メガネのタナカ山口店でインナーレンズの度を入れる】


メガネのタナカ 山口店

ビックカメラを後にし、先日購入したBBB OPTIVIEW PH SILVER BSG-33用の度付きレンズを作るため、メガネのタナカ山口店(9号線バイパスのジュンテンドー斜め前)さんに行ってきました。仕事用の眼鏡を作ったり、車の運転用のサングラスを作ったりと、僕にとっては結構長いお付き合いのお店です。実は4月末にも訪れて「スポーツ用のサングラスないー?」と聞いていたのですが・・・いつの間にかSWANSが大量入荷してる。

メガネのタナカ 山口店 SWANSがこんなに!

この一角全部SWANSです。「5月頃に店長が仕入れたんですよ」だって。4月末には1本もなかったのに。んでもって眼鏡屋さんですから当然インナーフレームも入荷済みです。SWANSを手にとって掛け放題、試し放題。SWANS良いわー。格好良い。安心の山本光学だし。ネットだと掛け心地までは試せないもんなー。もちっと早く入荷してくれてたらここで買ってたのに。あ、でも、調光レンズのものは置いてなかったみたいで、そこだけOPTIVIEWの勝ち。格好はSWANSの方が良いかも。実物を見に行くのお薦めしますよ。

さてOPTIVIEWのインナーレンズを作るにあたり、改めて視力の検査を行い、レンズをお薦め頂きました。パンフレットを覗き込むと5,000円也。 これ片目の値段? いえ、両目分です。
はっはっは。遊び用だから安いので良いとは言ったけど、安過ぎるwww まじっすか。あー、でも、外のグラスでUVカットしてるからレンズはUV非対応で良いですよと伝えると、じゃあ、これですねと店員さんがmレンズ単焦点を指差す。2,500円也。 片目? 両目です。

メガ ポーン ( д) ゚ ゚

安過ぎる。僕の中では今のところ、BBB OPTIVIEW PH SILVER BSG-33 + メガネのタナカ が最強です。

 


タグ : アイウェア サングラス スポーツグラス 度付き 度入り 自転車

17:57  |  【自転車以外の日誌】カテゴリをまとめて読む  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

BBB OPTIVIEW PH SILVER BSG-33が キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!

2009.06.04 (Thu)

BBB OPTIVIEW PH SILVER BSG-33 収納ケース

先日、楽天でポチっとしたライトウェイのアイウェア(というかインナー付きサングラス)、BBB OPTIVIEW PH SILVER BSG-33が届きました。例によってとってもコンパクト収納です。早速中身を見てみることにしましょう。

BBB OPTIVIEW PH SILVER BSG-33 収納物

右から、レンズ拭きにもなる袋、各国語の簡単な取扱説明書(箱の底にはライトウェイプロダクツ・ジャパン株式会社謹製の日本語によるA4版の取説が別途入っていました)、青いのが曇り止めクリーニングクロス、専用収納ケース、そして手前が本体となります。

BBB OPTIVIEW PH SILVER BSG-33

本体を取り出してみました。写真ではちっちゃく見えますが横幅は充分あります(僕はデカ顔ですがかけた感じきつくはありませんでした)。ただ思ってたよりもインナーのレンズ部が小さく、視界は狭いかもしれませんね。あと下から覗き込むためには、ノーズパットの金属部を少し狭める必要がありそうです。まあ、いずれにしても度を入れて使ってみないことには何とも言えませんので、今回は中身の説明だけに留めておきたいと思います。

BBB OPTIVIEW PH SILVER BSG-33
カラー:シルバー/フォトクロマチックレンズ
・日頃眼鏡を着用している人々のために開発された特殊なスポーツグラス
・内側の枠に視力を助けるレンズをはめ込めば一体式の度付きサングラスになります。
・ポリカーボネイトのフォトクロマチックレンズで透過率17~85%まで対応し、カテゴリー1から3までをカバー。
・レンズのカラーは環境に対応し自動的に変化。
・100%UVプロテクション。
・グリルアミドナイロンのフレームは顔面にフィットし、ノーズピースは調整可能。
・収納ケースが含まれています。

早速、度を入れに行こう。

 


タグ : アイウェア サングラス スポーツグラス 度付き 度入り 自転車

15:37  |  【購入した備品】カテゴリをまとめて読む  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

「エアポートで朝食を」の巻

2009.06.01 (Mon)

宇部空港1階の喫茶店にて朝食を・・・

※ 今回のタイトルはしぇんぱいのネーミングです。年代が分かりますなあ。

昨日、しぇんぱいに誘われまして午前中だけ走ってきました。実は前日の土曜日に地域の商工会の総会がありまして(色々なお付き合いの関係上)体調的には厳しかったのですが

笠:「明日の朝、きららドーム行こうよ」
立:「きららはもう飽きたっすよぉ」
笠:「じゃあ、宇部空港。これでどうよ。」
立:「うーん。。。」
笠:「6時に電話すっから」


7時前に出発

で、6時ぴったりに「行くよー」との電話がかかってきましたので、バナナ2本を牛乳で流し込んで準備を終え、7時前に家を出ました。身に染み込んだ体育会気質というか、基本的にしぇんぱいに対しNOという返事は有り得ないわけです。NOと言えない日本じゃないやNOと言えない僕。まあ勿論、面白いから一緒に行くわけですが。

小郡のコンビニにて腹ごしらえ

しぇんぱいが腹減ったってことで小郡のコンビニに寄って補給。10kmも走ってませんが。しぇんぱいはツールド国東でハンガーノックに近い状態になったらしく、最近は意識して頻繁に食べるようになったとのこと。ふむふむ。話の流れの中で、「ホントは5時前から起きてんだけど云々」とか言われたりして。んー、しぇんぱい (´д`) それハンガーノックと関係なく、早起きし過ぎで腹減ってるだけっすよ。

道の駅きららで小休止

いつもの行程で道の駅きらら阿知須に到着しました。ガラスの向こうに休憩するしぇんぱいの姿。20kmとかもう慣れっこでつまんないです。同じ道も。


宇部空港に到着

阿知須の裏道から190号線に出て、これを下り、宇部空港に到着しました。大体ここまで30km位だったかな?

ミニ滑走路に着陸するしぇんぱいw

空港近くの公園でミニ滑走路というのを見つけたので記念撮影。離陸するしぇんぱいw

ミニ滑走路とDEFY3

同じく僕も記念撮影。この前、仕入れた偽Columbiaのジャージです。

1階の喫茶店で朝食食べようぜ~

ちょっと腹減ったんで、空港の1階にある喫茶店でモーニング食べようぜ~ってことになりました。これが1枚目の写真につながっていくわけですが、朝の空港、旅行者に混じってサイクルジャージの2人。もっこりな2人。目立ちすぎです。つーか異様です。


常盤公園の石炭記念会館前にて

食後、そのまま190号線を戻っても面白くないので、わき道をウロウロしてみました。でもどこに入っても行き止まり。そうだ!まだ時間もあるし、常盤公園に行こう!という訳で急遽、針路変更。宇部常盤公園の石炭記念会館の下でパチリ。

常盤公園の石炭記念会館前にて

折角なのでDEFY3を持ち上げて僕もパチリ。

そこから、常盤公園の裏を通って参宮通りに抜けようと走っていると、宇部臨空頭脳パークに抜ける坂を発見。なんとなく知らない道を走ろうぜという雰囲気になってましたので、躊躇なくそちらへ方向転換。山を一つ越えると、今度はアストピアにつながる坂が見えました。アストピアから片倉に抜けられるよってわけで、これも越えることにしました。山口県産業技術センターの脇を抜け、坂を下って、山陽自動車道の下をくぐり、六畳岩方面に。このまま道なりに進めばサンパーク阿知須に行ける(というか既に見えているw)のですが、なぜかここでも左に折れて丘を目指すことに。

阿知須の麦畑が綺麗だったので1枚

井関小学校の近くの麦畑が綺麗だったので1枚撮ってみました。道が丘のちょうどてっぺんを通ってて、高台から見下ろす風景が綺麗でした。天気も晴れすぎず曇りすぎずで風が気持ちが良い。自転車で遊ぶには最高の日だったと思います。


再び道の駅きららに帰ってきました

丘を降りて阿知須駅方面に向かい、再び道の駅きらら阿知須に戻ってきました。この日はきららドームに続く道が込んでるなあと思っていたのですが、どうやらモーターショーが開催されてたようですね。

周防大橋にて1枚

お昼に帰れるように休憩もそこそこに出発したのですが、何故か「周防大橋を通って帰ろう!」ということになりまして、橋の真ん中で1枚。昨年末は、この周防大橋すらヒーヒー言いながら登ってたのに、二人とも少しは足ができてきたみたいです。

周防大橋にてもう1枚

僕も1枚。あまりの気持ちよさにハイテンションでノリノリで、お恥ずかしい限りです。この後も、普通に帰っても面白くないということで、橋を渡りきってからUターンし椹野川沿いの細い道を上っていきました。わき道にそれたり、行き止まりに出会ったりと、終始楽しいポタでありました。

time 3:42'53
dist 80.89km
ave 21.7km/h
max 自主規制

 


10:42  |  【ポタリング】カテゴリをまとめて読む  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)
 | HOME | 

こんな輪行も良いですね

今日も沢山の方がいらして下さいました。ありがとうございます。

小ブログのトップページにリンクを張るだけで、このランキングに参加できます。相互リンクも随時受付中。どうぞよろしくお願いいたします。ランキングには アクセスランキングを使用しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。